最近、芸術作品に触れていますか。

日常生活に没頭して毎日をあくせく過ごすと、どうしても感性が豊かになりません。

感性が鈍くなってしまうと表情筋も固まっていい顔になれません。

最近、気づいたら暗い顔をしていると思うことはありませんか。若返りのためにはネガティブな考えはやめることです。

鏡に向かって笑顔の練習をしてみましょう。自分が一番魅力的に見える顔を見つけるのです。

 

美肌を保持するためには自信が必要です。自分はきれいだと暗示をかけるのです。

しぐさまでもきれいになっていくように心がけます。

毎日を気を抜いて過ごすと、後でどこかにつけがまわってきます。

半年後、一年後の自分がどうなっていたいかを計画して今日から暗示をかけましょう。310

年齢とともに毛穴の開きってきになってきますよね。

意外な方法かもしれませんが、肌のケアだけでなく、食事による毛穴対策は驚くほど効果的です。

食事で皮脂分泌をできるだけ抑制し、肌に弾力がでれば毛穴は目立たなくなるのです。

ビタミンB2・B6・ビタミンCには、皮脂分泌を抑制する効果があり、ビタミンCは抗酸化作用とともにコラーゲンを作り出すのを助長する効果があります。

乾燥から肌を守ってくれ、肌の潤いを保持するのを助ける効果が、ビタミンCの能力です。
弾力のある肌になると、毛穴は全然見えなくなります。

 

食事でコラーゲンを作り出すには、ビタミンCとFe(鉄分)が必要です。
ビタミンC・・・ブロッコリー、イチゴ、柿、ほうれん草、カリフラワー、小松菜
ビタミンB2・・・サバ、卵黄、納豆、鶏などのレバー、牛、豚、うなぎ、アーモンド
ビタミンB6・・・レバー、豆腐、豚腿、さつまいも、いわし、にんにく、鮭、卵

でも、糖類や脂質の多い食べ物や過剰摂取は、皮脂の分泌を促進し、また、アルコールや刺激物の過剰摂取も、絶対にダメ。

過剰摂取は逆効果です。
栄養バランスをこころがけて、肌の正常な新陳代謝を促すことが、美肌へ向けての第一歩。
余談ですが、ビタミンCの効果としては紫外線を防止する効果も。

皮膚へ浸透した紫外線はメラニンに吸収され、紫外線を吸収したメラニンがシミ、しわ、そばかすの元になります。

一度できてしまった黒色メラニンを、ビタミンCは色の無い還元型のメラニンへと変えられます。
そうすることにより、しわやシミやそばかすを目立たなくすることも。

髪の毛のボリュームで若返り

髪の毛が薄くなってしまう女性が増えています。
女性薄毛は、若返りたい人にとっては、結構深刻な問題です。
まあ、付け毛とかカツラという手段もありますが・・・

 

費用もかかりますし、面倒ですし、旅行に出かけるときなど困ることもあります。
女性薄毛の原因は色々なものがあるようですが、疾病で抜け毛が多くなって薄毛になっている可能性もあります。
中年の女性に多く見られるのがびまん性脱毛症とよばれる抜け毛症があります。

 

この抜け毛症は頭部全体あるいはまだらに毛髪が抜けてしまうもので、頭頂部が薄くなることが多く、ストレスが原因で起こる抜け毛症ではないかといわれています。

 

また、老化ではなく、女性の場合出産後に抜け毛が多くなることもあります。
これは妊娠や出産をすることで女性ホルモンが変化することで起こる抜け毛で一時的なものといえ、次第に解消される事が殆どですが、ただ、出産後の母体の回復が遅い場合などは髪の毛のサイクルも正常に戻りにくいことがあり、産後脱毛症と呼ばれる抜け毛症となります。

 

また女性の産後に起こりやすい抜け毛症として脂漏性脱毛症というものもあり、女性の薄毛の場合、老化だけではなく、女性に多い冷え性による血行障害など、体質の変化による抜け毛もおおいので、急に抜け毛が多くなったときなどは医師などに相談し、抜け毛治療をした方がいいでしょう。
更年期あたりからは、ホルモンのバランスなどで、抜け毛が増えることもあります。
体内から抜け毛を防ぐためには、飲む育毛剤などがいいかもしれません。
薄毛になるもえに早めの、抜け毛予防対策をしたほうがいいでしょう。

ページの先頭へ戻る